2018年03月03日

ラストシーズン! by泉佐野のアニキ

 卒業シーズン、岬OBも次のステージに向かって突き進んでいます。そんな中、高校ラストシーズンを迎えるのは31期生のナオヤとタクル。

IMG_6607 (2).JPG

IMG_6748 (2).JPG


 年明け1月13日に開幕した和歌山新人戦、近大和歌山は新調された純白のセカンドジャージで出撃。

 初戦の田辺・田辺工は39−0で勝利しましたが、攻撃のリズムが悪く、初戦突破チームの中で最小得点…3年生が抜け攻撃力低下は覚悟していましたが、かなり不安を覚えました。

 個人的に最大のヤマ場だと感じていた準決勝の熊野戦。熊野は前年度からメンバーがほとんど変わらず不気味な存在でした。終わってみれば33−0の完封勝利、堂々とした子供達の戦いぶりに、我々保護者は少しは自信が持てた試合となりました。

 決勝は和歌山工。この赤い壁を乗り越えないと「花園」なんて夢のまた夢です。

 キックオフから敵陣に攻め込んだ近大は、中々トライを奪うことができません。ワンチャンスをモノにした和工が先制する嫌な流れ。そんな状況でも慌てず騒がず逆転し、近大は新人戦2年ぶりの優勝を決めました。

画像1.jpg

IMG_6917 (2).JPG


 今年のチームは傍から見ていて明るいチーム、緊張するであろう状況でも笑っている。昨年度のチームと比べても明らかに攻撃力・防御力は低下している、ラグビー力は低いが雰囲気がよく見えるのが新チームの印象でした。

IMG_6469 (2).JPG


 今月11日からは大阪開催の近畿大会が開幕します。近大和歌山の初戦は兵庫2位の神戸科学技術高校、どんな試合になるのか非常に楽しみです。

kinkikoukoutaikai69kumiawase-800x587.png
posted by MISAKI RUGBY.COM at 00:14| Comment(0) | 高校ラグビー